2018年07月16日

利尻礼文旅行2018(6日目)

レバレッジ特許翻訳講座の管理人の嫁Gです。


管理人は、旅行中も「早寝」をしているので、
今朝も早朝も1人、ホテル向かいの海で
釣りをしてみたようです。


沖メバルとシマゾイが釣れたらしいので
私も朝食を終えてからやってみましたが、

すでに時合いが過ぎていたのか
海を覗き込んでも、魚の影さえ見えず、
残念ながら一匹も釣れませんでした。


もしも明日、早く起きられたら
再チャレンジしたいと思います。


今日は、利尻の花ガイドさんを
お願いしていたので
午後はその方の車で
島内を一周してきました。

数日前のブログでも書きましたが、
タクシーを利用するより費用も安いですし、
植物も当然詳しいので、

もし個人で利尻観光をされる方で
レンタカーを借りるつもりのない方には
非常にオススメです。


景色の良いところや、
オススメポイントで停車してもらいつつs、
「オタトマリ沼」「南浜湿原」
「北の厳島神社」等を見て歩きました。


車で走っている時、
海岸沿いで、唯一「天然の昆布」を
干していたのがこちらです。


DSC02134.jpg

 
DSC02132.jpg


養殖も天然も、育った環境としては
「同じ海」なので味に大きな違いはなく、

ただ、昆布がくっつく先が、
天然の岩か、そうじゃないか
の違いらしいのですが、

そうはいっても、
やはり「天然」という言葉の
商品価値は高いらしく、

料亭などに下ろす高級昆布は
「天然」に限るそうです。


ちょうど漁師さんが
昆布を拾っているところに
遭遇したのですが、


こんな棒の先に昆布を引っ掛けて


DSC02135.jpg


海から引き上げるようです。


DSC02136.jpg


思ったより波があるので、
この中で、昆布を拾い上げるのは
体力的にはかなりキツそうですね。


数日前、

観光バスで「オタトマリ沼」を訪れた時は
かなりな霧雨で、風景がよく見えず
よく言えば幻想的な雰囲気でしたが、


DSC01845.jpg


今日は一転、素晴らしい天気に恵まれ
同じところとは思えないほどクリアです。


DSC02183.jpg


ツアーで来た時は
時間がなかったので、
入り口付近で写真を撮っただけでしたが、
今日はゆっくり湖畔を1周歩いてみました。


こんな感じの道が続くのですが、


DSC02158.jpg


水面に鏡のように
雲や周囲の景色が写り込んでいて
とても美しいです。

 
DSC02173.jpg


DSC02822.jpg


チャプチャプ水浴びしているのが


DSC02820.jpg


ウミネコなのかカモメなのか
遠目には区別がつきませんが、
海でついた塩気を洗い落としている?
のではないかと言っておられました。

また、外周道路では、
こんなトンボや蝶も数多く見かけ
まさに自然がいっぱいです。


DSC02826.jpg


ちなみに、

沼を見渡せるデッキのようなものが
出来立てホヤホヤなのが、
見てとれるかもしれませんが、


DSC02185.jpg


来月、

天皇陛下が利尻に来られるそうで、
そのために凸凹の道路の整備がなされたり
いろいろ老朽化しているところが
新しくなっているそうです(笑)

そういう経済効果もあるんですね・・。


アイスクリームを食べて一休みした後、
オタトマリから5分ほどの「南浜湿原」へ


DSC02207.jpg


オタトマリのすぐ近くなので
大きく雰囲気が変わるわけではありませんが、

こちらの方は観光客がほとんど来ませんし、
こんな感じの「木道」をぐるっと1周
歩くことができて、雰囲気が素晴らしいです。


DSC02215.jpg


沼の色が濃いためか、
周囲の景色を「鏡」のように
写し込んでいます。


DSC02211.jpg


個人的には、オタトマリより
こちらの南浜湿原の方が好みです。


花は多くはありませんし、
あったとしても、
この時期はこんな風に小さく
目立たないものばかりなので


DSC02244.jpg

DSC02262.jpg


確かに地味なのですが、

視界の中に、
利尻山、木道、松やその他の木々や
植物などがぎゅっと詰まっている感じがして、
雰囲気がとてもいいのです。

あと、

水芭蕉がものすごくたくさんあるので、
もしも5月末か6月に来たら
ものすごい景色なんじゃないかと思います。


また、体力に合わせて、


DSC02254.jpg


こういう道を
ショートカットもできるので、
ぜひ一度歩いてみていただきたいです。


最後に、

「北の厳島弁天宮」です。


ここは来る前から
気になっていた場所でしたが、

定期観光バスだと、
車窓からチラッと見るしかできなかったので
近くまで見に行けてよかったです。


真正面から見るとこんな感じですが、


DSC02296.jpg


少し離れて、真横から見ると、
海に突き出ているように見えて
なかなか絶景です。


DSC02279.jpg


DSC02862.jpg


鳥居をくぐって、


DSC02283.jpg


まっすぐ歩いていきます。


DSC02291.jpg


背面は足元が悪いので、
実際には回り込んで見ることはできませんが、

「4面」とも、この作りになっていて
海のどこから見ても、見えるように
作ってあるんだとか。。。


DSC02286.jpg


赤い鳥居に弱いのは確かですが、
ここは海の絶景もプラスされて
なかなか他では見られない風景でした。


近くでは、カモメがちょうど子育て中で
グレーのふわふわした毛をした
赤ちゃんが親鳥と一緒にいるのを見かけます。


DSC02845.jpg


よく似ている「ウミドリ」と「カモメ」ですが、
ガイドの方曰く、

足の水かきが「黄色い」のが「ウミドリ」で
「ピンク色」なのが「カモメ」だそうです。


DSC02866.jpg


ということは、

こちらは水かきがピンク色なので
「カモメ」でよさそうです。


少し寄れる望遠レンズを持って行きましたが、
それでもなかなか難しいですね。


かーくんは、相変わらず
私の苦労を横目に見つつ


「ほら今!!」

「連写して!!」

「何やってんの!!」

「ほら今!」


と相変わらず、

人にこうるさい指図ばかりしていましたが、
それを除けば、

今日は島のどこを歩いても
天候が良く、

見たいところ、
写真に撮りたいところで
ガイドさんに随時降ろしてもらって

よく歩いて、
いっぱい見て・・・と、

大満足な1日でした。


明日は午後の飛行機で
新千歳を経由して函館に帰るので
いよいよ利尻・礼文の旅も終わりです。


さて、あと半日。
どうなることでしょうね・・・



━━━━レバレッジ特許翻訳講座━━━━━━━━━━━
◆公式URL:http://eigo-zaitaku.com
◆連絡先 :info@eigo-zaitaku.jp

◆ビデオセミナー300本無料プレゼントはこちらから
 https://eigo-zaitaku.jp/p/r/GE7fS0t8
◆スカイプ相談のお申し込みはこちらから
 https://eigo-zaitaku.jp/p/r/qx1aDyJv
◆管理人ブログ
 http://transformation-technologies.livedoor.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by G at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする