2017年06月24日

乗馬は疲れる!

レバレッジ特許翻訳講座の

管理人の嫁Gです。




まだ6月だというのに

外で動いているからでしょうか?

既に「熱中症の軽いもの?」

っていうレベルに達しています。




最初にお世話になった大手の乗馬クラブは

下の方のクラスだと、

馬のお手入れはほとんどいりませんし、




少し上のクラスになっても

「自分の馬」以外の人は、

それほど時間をかけてやるということは

ないみたいなので、

悪く言えば、乗りっぱなし

よく言えば、会員サービスが素晴らしいのですが




最近お世話になっているクラブは、

基本的に馬の手入れは、

クラブのスタッフではなく

乗った人自身がやることになっているため

すべて終わって、

厩舎に戻すころには正直ヘトヘトです。




こんな感じなので、

馬と接している時間は

以前よりかなり長くなっているのですが、




馬はペットとは違いますし、

犬のように尻尾をブルンブルン振って

「ご主人、大好き!」という風に

感情を丸出ししてくれるわけもないので

彼らがどう感じているのかがよくわからないのです。




馬はキレイだしカワイイとは思うのですが、

何しろサイズがデカいですから、

ふとした時の猛烈なパワーを目にすると

怖いと感じることの方が多いです。




ただ、そんな馬たちは結構ちゃっかりしていて

私のへたっぴーのレッスンが終わって

要領の悪いお手入れも終わって、

2ヵ所止めてある金具を外して歩き始めると、




「やったー部屋に帰れるぞ!」




ってことが分かっているので、

その1つを外しただけで

「帰る、帰る、早く帰る!!」って感じで

ぎゅーぎゅーくるので、

「待って!!」って一旦は止めるのですが、

外した途端、もう待ちきれない!

っていう感じでガツガツ歩き始めます。




まあ、確かに部屋に帰ると

「ご飯」が用意されているので

それも早く戻りたい理由ではあるんでしょうが

乗ってる人が疲れるんですから、

人を乗せて走っている馬はもっと疲れますよね。




P_20170602_105612.jpg




「よくわからない指示出しやがって!」

「へたっぴーは疲れるぜ」

きっとこんなことを思っているんでしょうなあ。。。




↓↓ 
↓↓ 
----------------------------------------------------
こちら(↓↓)をクリックしていただき、
ビデオセミナー・1〜300号プレゼント

その中にある専用フォームから申請していただきますと、
1〜300号のビデオを無料プレゼントさせて頂きますので、
ぜひご利用下さい。

---------------------------------------------------- 
posted by G at 00:55| Comment(0) | 乗馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする