2017年03月24日

なかなか面白い本でした

レバレッジ特許翻訳講座の

管理人の嫁Gです。




先日、紀伊國屋に行った時に

「売れてます!」

というPOPにつられて、

いいかも・・・と買ってきたのがこちらの本。









いわゆるスキル的なものは

ほとんど書かれていないのですが、




デザイナーが依頼を受けてから

仕事を仕上げるまで

どのような「思考」と「手順」で

進めていくのかが

わかりやすく説明されていて




「なるほど、こうやるのね・・・」

とド素人にも思わせるような内容です。




結局、デザインって・・・

それを見た人の「意識」を

広告主がこう感じて欲しい

という意図に沿うように

「誘導」していく仕掛け

みたいなものなんでしょうかね。




少しWEBのことも勉強しようと思って

通信講座の受講を始めたのですが

それのイントロとして

上記の本はなかなか良かったと思います。



↓↓ 
↓↓ 
-----------------------------------------------------
こちら(↓↓)をクリックしていただき、
ビデオセミナー・1〜300号プレゼント

その中にある専用フォームから申請していただきますと、
1〜300号のビデオを無料プレゼントさせて頂きますので、
ぜひご利用下さい。

------------------------------------------------------
posted by G at 02:20| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

沈黙のWebマーケティング

私のコピーライティングの師匠の友人が

ウェブ系のスクールをやっています。




その人がこちらの本を

読んでおいて〜とのことでしたので

ざーーーっと読んでみました。





「ああ・・・そうなんだ〜」

と何とも微妙な感想。




知っている人からすると

たぶん内容は濃くないと思うのですが、




検索順位ってそんな風に上下するんだ〜

へ〜というように、

あまり知らない人だと、

マンガとまとめ記事が交互に入っているので

読みやすいかなあ〜とは思います。




架空のオーダーメイドの家具を売る会社が

悪質なSEO会社に

良からぬ被リンクを付けられて

検索順位が下がってしまったのを

「伝説のウェブマーケッター」と呼ばれる

主人公がやってきて

いろいろアドバイスをしながら

立て直していくとう話しになってます。




ドラッカーから始まって、

漫画仕立てにして分かりやすく説明するという

この手の本にありがちなパターンである




主人公は若い女性である。

主人公のお父さんが急病で倒れるか、

急に亡くなって後をつぐ

という鉄板は、この本でも使っていますが、




それ以外に、

このマーケッターが持ち運んでいるノートPCが

盗みずらいように40kgだとか

高速処理して高熱で爆発しそうだとか、

タイピングが早すぎて真空波が出るとか




そんなくだらんことにページを割かないで

普通に話を進めてくれればいいのになあ・・・

と思いました。




マジで、そういうの、

すべっちゃってるから

いらんのよ。




あと、私的に・・・ですが、

この漫画の絵柄が苦手でして・・・

それを読むのがちょっと苦痛でした。




まあ、そこまで汚いわけでもなく

普通に男性マンガ誌に載っている

レベルのものだと思うのですが、




どうも最近の漫画はどうも絵がきちゃない!

と思うのは、

私がババ―だからでしょうか・・・




星3つ。

かな




↓↓ いつもありがとうございます。↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
↓↓ 
↓↓ 
--------------------------------------------------------------------------
こちら(↓↓)をクリックしていただき、
ビデオセミナー・1〜300号プレゼント

その中にある専用フォームから申請していただきますと、
1〜300号のビデオを無料プレゼントさせて頂きますので、
ぜひご利用下さい。

-------------------------------------------------------------------------- 
  
posted by G at 00:23| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

どうせHP作るなら・・・

気分転換にこちらの本をチラ見しています。





冒頭のカラーページに

クイズが載っているのですが、

その結果がなんだか腑に落ちない・・・




4つのバナーのうち

一番反応率がよかったのはどれでしょう?

っていう質問で、




正解はこれです。

って答えが書いてあるんですが、

「ええ〜これなの?」っていう感じだし




2つのHPを比較して

どちらがイイと思いますか?

という質問で、




正解はこちら、なんと売り上げが

18倍こっちの方がいいんです。

と言われても「はああ・・・本当?」

と完全に疑ってる私。




その疑いがとれて、

ああ〜なるほどと納得できたら

この本は役に立ったといえるのかもしれませんなあ・・・




この本が・・・というわけではないのですが、

アマゾンの書評で点数が高かったから

買ってみたという人が多いのですから、




「さくら」を排除するためにも

その本しかレビューを書いてない人の点数は

加算しないとか、配分を低くするとか

そういう風にしてくれませんかね・・・

アマゾン様〜。




↓↓ いつもご協力ありがとうございます ↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
↓↓ 
↓↓ 
--------------------------------------------------------------------------
ボタンをクリックして、メルマガ登録をして頂くと
無料のサンプルビデオがご視聴頂けます。
文系女子が苦手な物理化学もサポートしています。 
「百聞は一見にしかず」です。ぜひ一度お試しください。

レバレッジボタン
-------------------------------------------------------------------------- 
  
posted by G at 00:44| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする