2018年11月04日

MolViewを使ってみた

レバレッジ特許翻訳講座の管理人の嫁Gです。


管理人から動画ビデオをもらったので
少し見始めたのですが、

私の場合、ガチじゃなくて
なんちゃって理系なので
ほぼ頭がすっからかんです。


ですから、

今岡野の化学を見ても、
そういえば、そんなこともあったなあ〜
ぐらいにしか感じないというのが
ちょっと残念ですね(苦笑)。


せめてサイトに載せるなら
見栄えを良くしようかと、

受講生の方も使っておられたであろう
こちらのサイトをちょっと覗いて
http://molview.org/


使ってみましたが、

まあ、これを使ったから
すごく理解が進むというものでは
ないかもしれませんが、

サイトに載せるなら、
これを使うのは「あり」でしょうね。


ベンゼン.png


けれども、


「ベンゼンきれいだなあ〜」


で終わっていては
講座の記事としてはダメダメですわね。。。 



━━━━レバレッジ特許翻訳講座━━━━━━━━━━━
◆公式URL:http://eigo-zaitaku.com
◆連絡先 :info@eigo-zaitaku.jp

◆ビデオセミナー300本無料プレゼントはこちらから
 https://eigo-zaitaku.jp/p/r/GE7fS0t8
◆スカイプ相談のお申し込みはこちらから
 https://eihttps://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/listgo-zaitaku.jp/p/r/qx1aDyJv
◆管理人ブログ
 http://transformation-technologies.livedoor.biz/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by G at 23:52| Comment(0) | ビデオセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

0065-ショウ、コンベンション、学会等の利用法

第65回「ショウ、コンベンション、学会等の利用法」(24:06)



ショーに行く意味はあると思います。

例えば、

ショーに併設されているセミナーとかが

意外に勉強になったりしますし、
http://www.bigsight.jp/event/index.php#eventSection

実際の商品が展示されていたりするので

実物を見るいい機会になると思います。



ただ、行かれる場合は、事前に登録しておかないと

「有料」になりますのでご注意下さい。

(事前登録すると「無料」で入れます)



登録する時は「翻訳者」としてもいいですが

個人事業主の調査とか、マーケットリサーチとかにした方が

無難かもしれません。



学会もショーと同様に

学会主催の勉強会などが利用できると思います。



ざっと、化学系の学会をあげると以下のようなものがあります。

日本化学会(http://www.chemistry.or.jp/

日本分析学会(http://www.jsac.jp/

日本食品化学学会(http://www.jsfcs.org/



ある程度、稼げるようになったら

収入の一部を自己投資して、

レベルアップを図っていかないと

翻訳者として稼ぎ続けることは難しいと思います。
     


予定表をチェックしてみて

都合がつけば、是非行って見て下さい。



↓ 実際に管理人が説明しているビデオをご視聴頂けます ↓
--------------------------------------------------------------------------
レバレッジ特許翻訳講座のメルマガ登録をして頂きますと、
管理人が受講生の方に配信している他の号のサンプルビデオを
「25本」+「テキスト」が「無料」でご覧頂けます。

講座の雰囲気がよりお分かり頂けると思いますので是非ご利用下さい。
メルマガ登録⇒http://transformation-technologies.livedoor.biz/archives/65752785.html
-------------------------------------------------------------------------- 
  
 
 
posted by G at 11:37| Comment(0) | ビデオセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

0064-翻訳者のための備品について

第64回「翻訳者のための備品について」(10:07)



翻訳のための資料として、紙物の整理がやはり必要になりますので

そのために必要な備品をそろえていきましょう。

 
@ パンチ(2穴)

→ ある程度の枚数に穴あけするなら、
  それなりのクラスのものを買われた方がいいと思います    
  
  管理人も私(G)もこちら(↓↓)を使ってます。
  一気に大量の穴あけは出来ませんが、それなりの枚数が
  サクッと開けられて、センタリングも楽なので、
  とりあえず満足しています。




A パンチ(26穴)

  → 外国の資料だと3穴のモノが多いですが、
    3穴は破れやすいのでやめた方が良いです。

  → 最初から穴が空いてる紙は当然ながら値段が高いので
    コピー用紙を箱で買って、あとで穴あけした方が経済的です。




    わたし(G)はスライダーを使うタイプは使ったことはないので
    使用感をお伝えできませんが、自力でパチパチ開ける
    上記のタイプはなかなか疲れます。

    100枚くらいならこれでも何とか頑張れますが、
    500枚開けるなら、これは勘弁してほしいです。

    その時は、ちょっと高いですが下の様な多穴パンチにすると
    ぐっと楽になります。(家ではこちらを使っています)



             
B バインダー
 
  → お好みでどうぞ

  → 我が家では、もっぱらココデカウでA4縦・2穴・5cm幅の物を
    購入して使っています。
    
   
C コピー機
D プリンター

  → 別機で持っていますが複合機もありだと思います。

  → 管理人はずっとプリンターはキャノンのレーザープリンターを
    使用しています。

    ある程度売れ筋の物を買った方が、リサイクルトナーも
    安く手に入りやすいと思います(ウチはリサイクルトナーを
    使っていますが、心配な方は純正製品をご購入下さい)        



一度読んだ資料をしばらくして読み返してみると

昔はこんなところにマーキングしてたんだ・・・と

自分の成長の跡が分かると思いますし、

一覧性の観点からは、やはり「紙物」捨てがたいです。
 


↓ 実際に管理人が説明しているビデオをご視聴頂けます ↓

--------------------------------------------------------------------------
レバレッジ特許翻訳講座のメルマガ登録をして頂きますと、
管理人が受講生の方に配信している他の号のサンプルビデオを
「25本」+「テキスト」が「無料」でご覧頂けます。

講座の雰囲気がよりお分かり頂けると思いますので是非ご利用下さい。
メルマガ登録⇒http://transformation-technologies.livedoor.biz/archives/65752785.html
-------------------------------------------------------------------------- 
  
 
 
posted by G at 16:52| Comment(0) | ビデオセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする