2017年12月02日

手のひらにブスッと2本

レバレッジ特許翻訳講座の管理人の嫁Gです。



右手の掌と指に、
痛みと引っ掛かりがある状態が
長く続いていたので、

近所の整形外科で注射でも
してもらおうかと行ったところ

○○かもしれないから
「手外科」の専門の先生に診てもらって
と言われて紹介してもらった病院に
昨日行ってきました。



結論として、

めずらしいことに
3つの症状が、同時期に、
右手に出ているという診察結果でした。



1つめは自覚どおり腱鞘炎・バネ指でしたが、
あとの2つは「へええーーー」な内容でした。



「2へえーー」のうちの1つは
整形外科医の予感的中の○○で
とりあえず経過観察になりましたが、

もう1つは、
既に治療可能時期をすぎていて
改善はちょっと難しいという診断でした。



生活に支障が出るレベルのものではない
のが幸いですが、

痛みを放置していたわけではなく
それなりに大きな病院で
症状を訴えていたのになあ・・・

と思うと、治療時期を逃したのは
残念ではありますね。



ただ、今回のような専門医に
症状のごく初期段階で診てもらうというのは
家族でもなき限り無理な話しなので、
仕方ない・・・と思うしかなさそうです。



とりあえず、

バネ指の治療として掌に注射を2本
打ってもらいましたので、様子見です。



P_20171201_150234_vHDR_Auto.jpg



こんな風に年をとって
だんだん病院に行く機会が増えてくると


「函館のさびれた雰囲気が好き!」


とばかり言っていられない
現実もあるわけで


既に、人口減少によって

→閉鎖するクリニックが出てきている
→存続しているクリニックに患者が集中してしまう
→その結果、待ち時間が激長い


という口コミが数多く寄せられています。



そういう状況を考えると、
自宅を捨てて「完全移住」する
という選択肢はなかなか難しいようです。


↓↓ 
↓↓ 
-------------------------------------------------
こちら(↓↓)をクリックしていただき、
ビデオセミナー・1〜300号プレゼント

その中にある専用フォームから申請していただきますと、
1〜300号のビデオを無料プレゼントさせて頂きますので、
ぜひご利用下さい。

-------------------------------------------------- 
posted by G at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする