2017年11月14日

何度もやられました

レバレッジ特許翻訳講座の管理人の嫁Gです。



管理人が付いてきてくれて
一緒に病院に検査に行ってきました。

レントゲンと血液検査だけなので
大して時間はかからずに済んだのですが、
採血で「???」なことが。。。



看護士さんが、


「は〜い、チクッとしますよ〜」


と言って、
ブスッと刺したのはいいものの
血が1滴も流れ出さないんです。



(あれ・・・?)ってな顔をして



右に方向修正してブスッ 



相変わらず1滴も出ない。



今度は左にブスッ 



またしても1滴も出ない。



今度は下方向にブスッ 



またしても1滴も出ない。。。



そして、とうとう

「反対側の腕を見せて頂いて
よろしいでしょうか?」

と言いましたよ。



心の中では、

「見せて」じゃなくて
「やり直させて」の間違いじゃないの?

と思いながら
反対側の腕を出し、



注射針をチェンジして
再度ブスッ 



ようやく血が流れ出して、



「ホッ・・・」



という声が聞こえてきそうなほど
大きな息がもれましたね。



しかし、

細い血管ならともかく
採血の「定位置」で血が1滴も出ないなんてこと
未だかつて経験したことがないんですが、
普通にあることなんでしょうか。


まあ、とりあえず1つ用事が済んだので
良しとしますかね。


私は特に文句も言わず
黙ってやられていましたが、

管理人にあんなことしたら
「責任者出せ!!」って
絶対わめいてますよ、本当に。。。(笑)


↓↓ 
↓↓ 
-------------------------------------------------
こちら(↓↓)をクリックしていただき、
ビデオセミナー・1〜300号プレゼント

その中にある専用フォームから申請していただきますと、
1〜300号のビデオを無料プレゼントさせて頂きますので、
ぜひご利用下さい。

--------------------------------------------------
posted by G at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする