2017年08月17日

信号さえ渡れない(涙)

レバレッジ特許翻訳講座の管理人の嫁Gです。



近所に出来たヘアカラー専門店で、
気になって仕方がなかったこの白髪頭を
何とかしようと思って管理人と出かけました。


お店に入ってみて、
狭い店内にもかなり驚いたのですが
そこに30代〜60代の女性がわさわさと座っておられて
次々と、流れ作業のようにカラー剤を塗布されている様子に
ちょっと、「ああああ・・・・」と思ったのですが、

自分が施術を受けてから、
「じゃあ、後は前かがみで自分でシャンプーして下さい」
と言われてしまうと困るので、
予め店員さんにどんな感じになるか聞いてみたのですが、


特に工程的に問題はないと思うけど
こんな感じで流れ作業のようにやっているため
丁寧に一人一人に時間をかけられません。
そういう事情があるなら、
普通の美容院に行かれたらどうですか?

みたいなことを言われてしまいました。



まあ、お店の方の言うこともわかりますし、
自分としてもそこで施術を受ける自信が
すっかり消失してしまったので、
スーパーで買い物をしてから
トボトボと帰ってきたのですが、

その時点で、病院で受けているリハビリの
数倍の時間を歩いていたこともあって、
かなり足取りが遅くなっていました。



なので、ちょっと広い道路を渡ろうとすると
青信号になってすぐに歩き始めているのに
渡り終えるころにはもう「点滅」が始まっているんです。

その事実に、情けなくもあり、悲しくもあり、
数十年後の自分を垣間見たような気がしました。



寝たきりの生活も、
よぼよぼ歩きも体験して、
いきなり「老後の予行演習」をやることに
なってしまいましたが、

確実にそうなる未来が
みんなに平等にやってきます。



それまでに何ができるんだろう・・・と考えると
使える時間は、案外そう多くないのかもしれないなあ〜
と、最近ちょっと考えさせられています。



↓↓ 
↓↓ 
--------------------------------------------------------------------------
こちら(↓↓)をクリックしていただき、
ビデオセミナー・1〜300号プレゼント

その中にある専用フォームから申請していただきますと、
1〜300号のビデオを無料プレゼントさせて頂きますので、
ぜひご利用下さい。

--------------------------------------------------------------------------
posted by G at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする